ハードウェア製品・LSI向けIP

カテゴリーTOP

「CyberWorkBench」は、NECが開発した、C言語ベースLSI設計ツールです。
ANSI-C、SystemCを入力とし、高速性と高機能とを兼ね備えた動作合成ツールを中心に、
C-RTL等価性検証、プロパティチェック、ソフトウェアとの協調検証環境など、
豊富な検証機能によりAll-in-Cを実現します。
これにより、設計記述量を1/7程度に削減可能、また、サイクルベースシミュレーションの
活用によりRTLシミュレータに比べ最大数百倍の速度でのシミュレーションが可能になるなど、
システムLSI設計を革新する設計環境です。

参考画像


お問い合わせ
特長
  • 高速、高性能な動作合成エンジンでアーキテクチャ探索や複雑なアルゴリズム検討を何度も実行可能
  • 「C-RTL等価性プルーバ」、「プロパティチェッカ」、「サイクル精度シミュレーションモデルジェネレータ」、「ビット精度動作モデル生成機能」など、検証環境も充実
  • Universal Plug and Play(UPnP)機能
  • データ処理系はもちろん、制御系回路の合成も可能
  • 初心者から上級者までカバーする教育コースを提供
  • 国内実績多数
  • 用途、予算によりASIC/FPGA版、FPGA専用版など多彩なラインナップ → ラインナップ一覧(NECのサイトへ)
設計環境
CyberWorkBenchを使ったAll-in-C設計環境
仕様
入力言語

拡張ANSI-C(timed, untimed), SystemC, Verilog HDL, VHDL

出力言語

Verilog HDL, VHDL (論理合成用),br> C++, SystemC (高速検証用)

FPGA専用版
CyberWorkBenchに、FPGA専用版が出ました。
ターゲットを選ばない汎用版に比べお手頃な価格で導入できます。
また、FPGA限定版のリリースに合わせ、合成機能、検証/解析機能が強化されました。
  • 省面積、タイミング収束性、動作周波数を向上
    -FPGA固有のパイプライン演算器、メモリ等の効率利用
    -FPGA固有の遅延見積もり強化
  • マイコン上のC言語をFPGAに合成することで、マイコン制御をFPGA制御に変更可能
  • お客様のご予算、ターゲットFPGAに合わせて4つのタイプでご提供

Enterprise Professional Standard Basic
ASIC - - -
ALTERA Stratix - -
Xilinx Virtex - -
ALTERA Arria いずれか1つ -
Xillinx Kintex -
ALTERA Cyclone いずれか1つ
Xilinx Artix (Spartan)
開発プラットフォーム「Z-SYS for CyberWorkBench」
ARM プロセッサとFPGA を搭載した、「CyberWorkBench」で開発したハードウェアの実機評価に最適な開発プラットフォームです。
CyberWorkBenchと連携し、実機デバッグ環境も準備中です。
 詳細はこちら
サポート/教育コース

動作合成技術に精通した弊社エンジニアがご購入後もサポートします。また、CyberWorkBenchを用いた効率的な設計手法の習得、実設計レベルのノウハウ習得を目的とした 教育コースも用意しております。

CyberWorkBenchは、日本電気株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

この製品に関するご質問や、お見積りについてのお問い合せはこちらから。