ハードウェア製品・LSI向けIP

カテゴリーTOP

CIFSは、マイクロソフトが公開しているファイル共有プロトコルで、PCの共有フォルダーへのアクセスやファイル操作を実現します。
Windowsに標準搭載されているため、FTPを使う場合のような特別なソフトを必要としません。

KASAGO CIFS (Client)は、ファイル共有のクライアント機能(Workstationサービス)を実現するプロトコルスタックです。
スキャンデータや画像データを手軽にサーバ側にファイルとして保存できる他、ファイルの中身や属性を編集することが可能になります。

お問い合わせ

仕様
  • 対応バージョン(ダイアレクト) :
    SMB1.0 (NT LM0.12)/ SMB2.001 / SMB2.1
  • CIFSクライアント対応機能:
    -共有ディレクトリアクセス/ファイル作成/ファイル書込み/ファイル検索/
    ファイル情報取得/ファイル情報設定

    -ログイン時認証 : 平文認証 、NTLMSSP認証 
    ※NTLMSSP認証は認証I/Fで実施

    -名前解決 : KASAGO LLMNR/KASAGO DNSによる名前解決
    ※要オプション購入

    -メッセージ署名に対応
  • ブロッキングモード/ノンブロッキングモードを選択可能








特長
  • 図研エルミックのTCP/IP プロトコルスタック (KASAGO IPv4/v6)との併用であれば、ポーティング作業不要 (CPU、OS、コンパイラに非依存)
    ・KASAGO以外の環境でもラッパーI/Fを作成すれば使用できます。I/Fサンプルコードはご提供できません)
  • マシン名、ドメイン名から接続可能なラッパーI/F
    ※名前解決プロトコルは別途必要
      ※KASAGO LLMNR、KASAGO DNS用のサンプルを提供 (オプションは別途ご購入)
  • 規拡張実装できる認証ラッパー I/F
    NTLMSSP認証を行う認証I/Fコードを提供
  • 軽い、小さい
    ROMサイズ : 52KB (CIFS本体:41.5KB、ラッパー:11.5KB)
    RAMサイズ : 静的 1.9KB /  動的 使用方法により変動
    KASAGO IPv4 + KASAGO CIFSで64KBで動作
    ※ PCへのログイン=>共有フォルダアクセス=> ファイルオープン=>データ書込みの単純なシーケンスの場合
    ※ファイル長、パス長、書込みデータ長等のCIFSライブラリへの入力データ内容に依存
         
    ※ROM/RAMサイズはRX63N実装時の測定結果です

検証検証済み実装環境 : ルネサス エレクトロニクス GENMAI-AVBボード(CPU:RZ/A1)
システム運用例
サポート

ご購入後3カ月間、無償でQ&Aサポートを提供します。無償サポート期間終了後もテクニカルサポートや
バージョンアップ付きフルサポートといったサービスメニューを用意しております。 ソースコードパッケージの
販売だけでなく、デバイスドライバの作成、新規プロトコルの作成、パフォーマンスアップのためのチューニング、
ハードウェア受託開発を含むシステム構築のコンサルティングといった、
各種インテグレーションサービスを行っています。

インテグレーションサービスの詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

この製品に関するご質問や、お見積りについてのお問い合せはこちらから。