ハードウェア製品・LSI向けIP

カテゴリーTOP

速カメラのIoT化で不具合を確実に記録し原因解析やライン制御にも活用。
製造現場における制御機器とネットワークカメラ、高速カメラを連携させ、高速製造ライン上の不具合の可視化、原因特定、さらに対処までを可能にする産業用IoTシステムです。


お問い合わせ
概要

製造現場における制御機器とネットワークカメラ、高速カメラを連携させ、高速製造ライン上の不具合の可視化、原因特定、さらに対処までを可能にする産業用IoTシステムです。
高速生産ライン上の機器が異常を検知すると、PLCを介してIPカメラや高速カメラが連動して自動的に最適な撮影を行います。
 撮影された映像はインターネットを介しパソコンなどに蓄積され、遠隔地からの確認や、多拠点での情報共有が可能です。膨大な録画データから、センサーが検知した個々のイベントをクリックすることで簡単呼び出せます。複数の監視カメラの映像を個別に、また同時に再生、コマ送り、コマ戻し可能で、死角をなくします。  
インターネット通信技術のオープンな通信規格(CC-Link IE フィールドとONVIF)をベースにしており、様々な製造情報と録画画像を集積しビッグデータとして活用できます。高速カメラは、IPカメラとの混在環境録画や「簡単」「低コスト」「省スペース」に力を入れているACTUNI株式会社のシステムを使っています。

  • 高速生産設備で発生する不具合の瞬間を、高速カメラとIPカメラによりハイブリッド録画・再生
  • 異なるフレームレート(30/500fps)の映像を同じ時間軸で再生。不具合発生の瞬間を確認
  • 生産設備との連携により、映像と生産設備トリガーの双方向連動を実現
  • 不具合現場に即座に設置可能
  • AIやDeep Learningを用いた高度な映像活用(オプション)
  • ビューワー上に生産管理系システム(SCADA等)の統合も可能(オプション)
システム構成
  • ECLEF-NV1G形ゲートウェイユニット<三菱電機エンジニアリング(株)社製>
  • ハイブリッドカメラシステム「HS Vision」<ACTUNI(株)社製>
  • IP監視カメラ1台(オプションで増設可能)
  • 高速カメラ1台(オプションで1台増設可能)USB3.0/GigE 選択可
  • PoEハブ
  • FA用ビューワー「FA Viewer」

  • PLCは別売りです
    パソコン・モニタ・三脚・照明環境等を追加可能(オプション)です。
 

構成イメージ

連携のしくみ
 当社が開発したゲートウェイ技術Ze-PRO F/S Gateway SDKが、FAシステムのネットワーク規格「CC-Link IE フィールド」と、監視カメラシステムのネットワーク規格「ONVIF」をつなぎます。
さらに、シーケンサを介してCC-Link対応の生産装置そのものやロボットも、施設内の監視カメラと連携させます。  
例えば原料の投入時点など、異常の有無に関係なく、製造上で異物混入が起きやすいタイミングで自動的に監視カメラがズーム録画し、最終製品のトレーサビリティを高めます。  
ゲートウェイの制御ルールを定義するラダープログラムをサンプル提供しています。ラダープログラムをカスタマイズすれば、お客様のシステムに合わせた連携が可能になります。

ECLEF-NV1G形ゲートウェイユニット

製造・販売元:三菱電機エンジニアリング株式会社製
Ze-PRO F/S Gateway SDK搭載


CC-Link IE フィールドネットワークとONVIFネットワークの通信を相互に中継する機能を有するゲートウェイユニットです。
ファンクションブロック(FB)を提供していますので、シーケンスプログラムを簡単に作成できます
採用事例例
高速カメラ連携(衛材関連製品製造会社様)

新工場の早期立上げに向け、生産装置の不具合発生の原因究明と解析に高速カメラで撮影した映像を用いる為に導入を決定
  • 簡単に設置・操作出来る高速カメラ
    (300fps)システム
  • 生産装置とGatewayを介した制御連携
  • IPカメラとの連携。同時録画・再生出来るVMS。映像(輝度トリガー)による容易な設定