新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • CC-Link IE TSN 対応SDK「Ze-PRO CC-Link IE TSN」をリリース

2019.07.12

CC-Link IE TSN 対応SDK「Ze-PRO CC-Link IE TSN」をリリース

CC-Link IE TSN 対応 ソフトウェア・デベロップメント・キットを発売開始
スマート工場化を大きく加速させる新通信技術を効率よく実装可能に

 

 図研エルミック株式会社(本社:神奈川県横浜市、以下 図研エルミック)は、CC-Link協会(以下、CLPA)が昨年11月に仕様を公開発表したCC-Link IE TSN 規格(※1)を短期間に対象機器・装置を実装するための、ソフトウェア・デベロップメント・キット「Ze-PRO CC-Link IE TSN(Remote)」を本日より発売します。
 CC-Link IE TSNは、Ethernet規格を拡張したTSN技術を用いてCLPAが策定したネットワーク規格であり、異種ネットワークの同一配線上でのリアルタイムで安定した制御通信、高精度な異常の原因解析や予知保全を可能にし、より進化したスマートファクトリーを実現します。図研エルミックは、三菱電機株式会社(以下、三菱電機)から技術供与を受け、このCC-Link IE TSN対応製品をより簡単、確実に開発するためのソフトウェア・デベロップメント・キットとして製品化しました。また、三菱電機エンジニアリング株式会社と連携し、製品開発からコンフォーマンス試験、試作・量産に至るまで、ソフトウェア、ハードウェアの両面からユーザーをサポートします。

 
 

Ze-PRO CC-Link IE TSN(Remote)の概要CC-LINK IEモジュール図
 CC-Link IE TSN 規格準拠のプロトコルスタック(ソースコード)とサンプルアプリケーションで構成され、トランスポート、ネットワーク層、アプリケーション層や、RTOSとのインターフェイス層を設けることで、ターゲットハードウェアに簡単に実装が可能です(図)。
・ CC-Link IE TSN 規格(ClassA)に準拠
・ CC-Link協会コンフォーマンス試験確認済み
・ CPU, OSに依存しないので様々なLSIに搭載可能
・ プロトコルのデバッグを支援するための状態解析用ログ出力機能を搭載
・ 三菱電機機株式会社様からの技術供与により、静的解析に加え、システムレベル試験
  による高品質化
・ パートナーとの連携により、「ハードウェア・ソフトウェア開発」「コンフォーマン
  ス試験」「試作・量産」までトータル的なサービスを提供

 

販売予定価格は3,500,000円~です(ライセンスモデルにより価格が異なります)。

 
 

関係者コメント
・三菱電機株式会社
名古屋製作所 副所長 兼 FAシステム統括部長 都築 貴之様
「当社は、幅広いFA製品の開発・販売、FA統合ソリューションe-F@ctoryの提案とともに、CC-Link協会の幹事会社の1社として、今後の産業用ネットワークの主流となるTSN技術を活用したCC-Link IE TSNの普及を牽引して参ります。
図研エルミック様のCC-Link IE TSN対応ソフトウェア・デベロップメント・キットにより、今後一層多くの方がCC-Link IE TSNの利点を簡単に享受できるようになるでしょう。」

 

・三菱電機エンジニアリング株式会社
常務取締役名古屋事業所長 尼崎 新一様
「弊社は、①製品パートナー②開発ツールベンダー③コンフォーマンステスト機関という強みを生かし、受託開発ベンダーとしてCC-Linkファミリーの自社製品開発・パートナー製品開発を長年に亘り携わっております。
特に受託開発においては、設計請負(構造、H/W、S/W)からコンフォーマンステスト・OEM供給(試作、量産ものづくり)まで一貫したトータルサポートを行っており、CC-Link IE TSNにおいても同様に、図研エルミック様と連携してZe-PRO CC-Link IE TSNを活用した受託開発を行い、CC-Link IE TSNの普及に貢献致します。」

 

・一般社団法人 CC-Link協会 事務局長 川副 真生様
「この度はCC-Link IE TSN対応のソフトウェア開発キットを発売いただきましたこと心より歓迎申し上げます。昨年11月末のCC-Link IE TSN仕様公開以降、ユーザー様、機器ベンダ―様からの反響が大きく、図研エルミック様のご支援により、一層 普及・促進されることを確信しております。TSNが今後の産業用ネットワークにおける標準技術となる中で、CC-Link協会としてもプロモーション強化を図り、図研エルミック様のビジネス拡大に貢献できるよう尽力する所存です。」

 
 

今後の展開
 本年度中にCC-Link IE TSN(Master)対応ソフトウェア・デベロップメント・キットのリリースも予定しています。図研エルミックでは、CC-Link IE TSN対応機器開発に取組むお客様に向け、「より使いやすく」「より短期間に」を目的としLSIメーカ各社のCPUリファレンスやOSリファレンスの開発にも取り組みます。また、アプリケーションソフトウェアとの組合せによる、付加価値の向上に努めます。

 
 

産業オープンネット展に出展
 2019年7月23日(大阪)、7月30日(東京)で開催される「産業オープンネット展2019」に「Ze-PRO CC-Link IE TSN」「Ze-PRO CC-Link IE Safety SDK」を出展し、技術セミナーと製品デモを実施する予定です。

 

以上

 

※1 CC-Link IE TSNとは
 CC-Link協会(以下、CLPA)が新たに策定したCC-Link IE の次世代を担うネットワークとして、標準 Ethernet 規格を拡張した「TSN(Time Sensitive Networking)」を世界に先駆けて採用し、よりオープンな産業用ネットワークとすると共に、効率的なプロトコルにより従来 CC-Link IE が有する性能・機能をさらに強化した産業用オープンネットワーク。
 
◆ 図研エルミックについて
 図研エルミックは、東京証券取引所第二部に上場し、資本金は5億円です。
組込みシステムに必要なネットワーク・画像・通信関係の先端技術を、ミドルウェアライブラリやモジュールなど、お客様が使いやすい素材に変えて提供します。自社技術の核であるネットワーク技術を、ネットワーク監視カメラ、FA、そして車載機器を中心に展開しています。


本文中の会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
このページに掲載されている情報は、発表当時の内容です。
ご質問等ございましたら、お問い合わせください。

 

製品「CC-Link IE TSN」のご紹介はこちら